【The Otaku that Shouted Love at the corner of the World Wide Web 】ネットの片隅でバブみを求めるオタク

あなたが、オタクについて語りたい時に、知らなければいけないことのひとつに、

「バブみ」という概念があるようだ。

バブみは、オタクの間で使われ始めたスラングといっても良いかもしれない。

けれどもそこには、一言で語りきれない哲学が垣間見える。

If you want to talk about Otaku, you must know the concept of Babumi.

In other words, Babumi is a crazy geek slang that using by Otaku(geek).

 

あなたは、成人男性が、年下のアニメキャラクターに対して抱く感情を知っているだろうか?

Do you understand an adult man(Otaku) who feel something to younger anime character than him?
(younger anime character image)

 

可愛い。大好きだ。彼女は俺の嫁。

Otaku「Kawaii」  Correct!

Otaku「Love」   Correct!

Otaku
「She is my wife」 Correct!

それらの表現は正しい。

ただ、もう一歩踏み込んで考える必要があるようだ。

つまり、彼らの一部には、特定の年下のアニメキャラクターに対して、

彼女の赤ちゃんになりたいと思う傾向があるらしいのだ。

Otaku
「I’m gonna be a her baby」 Bull’s eye!

Otaku
「I’m gonna be a her baby」

Otaku
「It doesn’t feel right…」

Otaku
「I am her baby!」

Otaku
「she is my mom!」

Q.
Do you understand an adult man(Otaku) who feel something to younger anime character than him?

ans.
「she is my mom!」

 

ここで、画像検索による「母性愛」について記したい。
Now, I would like to describe 「motherly woman」 by image search.
(通常の画像検索 Normal image search)

バブみを求めるオタクにとって、上記の画像は納得がいかないだろう。
This is wrong image for some Otaku.
(ある意味正しい結果 This search is right for some otaku)
fake images


ikazuti

 

人生に疲れた時に、あなたならどうするだろうか。

セラピーを受けてみたり、友人に相談したり、思い切って自らの環境を変えてみたりと、いくつかの選択肢を持っているはずだ。

What would you do when you are exhausted with your life.

You have some choices to relax yourself.

For instance, get therapy, consult with your friend, change your environment…

 

オタクの場合は、常に選択肢があなたよりもひとつ多い。

つまり、バブみを感じてオギャるのだ。

これは、積極的に行われる前向きな現実逃避といってもいい。

But, some Otaku always have more choices than you.

In other words, Otaku desire a motherly young anime character than him and
they are relaxed.

They wants motherly love from their favorite little anime girls.

This is an escape from reality positively.

架空の存在の赤ちゃんになることで、崩れた心のバランスを調整し、明日を生き抜く活力を養うのだ。

Otaku imagine to become the baby that motherly young anime character.

And they get the vitality to survive their life.

 

なぜ、彼らはバブみを感じてオギャるのか?

彼らは人生に疲れてしまっていると言えるかもしれない。

これは、一種の自己防衛本能の働きであるとも言える。

Why Otaku want to become the baby of younger anime character?

In a word, They are exhausted with their life so much.

So, this phenomenon is a kinds of self – defense.

彼らは癒しを求め、癒しを必要としていて、誰にも迷惑をかけない魔法にも似た方法で自身を癒し、奮い立たせている、現代の戦士だ。

They wants to healing.

They needs to healing.

Need is not weak.

Need is need.

 

非実在の幼き少女の笑顔は彼らに癒しを与え、おそらくいくらか日本の自殺率の上昇を防いでいるはずだ。

この現象をあなたは理解し難いかもしれない。

けれども、あなたは、彼と彼女の関係をあたたかく見守ることを心がけてほしい。

Younger anime character’s smiles can heal their mind and probably her’s smiles prevent some suicide in Japan.

You might don’t really understand that, but all you need is to go easy on the relations between they and her.

二人の閉じた関係に、周りがとやかく言う必要はないのだ。

 

世にも奇妙な現象はさらなる進展を見せる。

しかし、それは言語で説明することが難しい。

ゆえに、画像で説明したい。

The phenomenon of the Unusual leaves room for further development.

But it’s difficult to explain in language.

Therefore, I explain it by images.

(お母さんと一緒の時代を過ごしているにも関わらず、彼女のお腹には彼がいる状況)

アイザック・アシモフもびっくりのタイムパラドックスを生みそうだ。

It may surprise Isaac Asimov to learn that it’s images.

※有名なSF作家

また、彼らは文学的な言葉使いで、いくつかの言葉を残している。

・お腹の中にはもう僕が!

・お腹に300泊したい(通常280日で出産となるので、20日の不法滞在)

・選べる母体

次のノーベル文学賞は、彼らに与えられるべきだ。

 

この現象は、静かな盛り上がりを見せているが、そのほとんどが自己顕示欲を満たすためのツールになりつつある。

The phenomenon(Babumi) is livening up at the corner of the World Wide Web so far,

but almost all the phenomenon(Babumi) is changing into a tool that makes someone self-satisfaction.

It’s just like a self-deprecating humour.

 

本来、本物のオタクは多くを語らないものだろう。

それがオタク式なのだ。

A genuine Otaku has little to say about Babumi.

That’s just like Otaku.

 

引用:Hi-Fi days(Youtube)
       :Love Letter(nicovideo)

Translation(google translate)

©窪岡俊之 ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. ©BNEI/PROJECT iM@S ©BNEI/PROJECT CINDERELLA

Article written by Jeliza Loze
and Kisaragi Evangelista