エイプリルフールネタ【Project 2039 is New age SF】およそ22年先、2039年の渋滞が発生しています。ご唱和ください。

「2039 pictures(にーぜろさんきゅーピクチャーズ)」

かねてより当サイトでは、所属ライターとともに、フランスのJapan Expo、ロサンゼルスのAnime Expo、ロンドンのHyper Japan、台湾の漫画博覧会、東南アジアのAFA、日本のコミックマーケットを主な定期訪問地域とし、新たなクリエイターの発掘に邁進してきました。

ここ数日では、所属ライター全員とともに、新たなクリエイターをTokyoに迎える準備に追われておりました。

結果として、クリエイター集団、2039 picturesと最終的な合意を得ることができました。

お互いの最終的な意思確認と、Tokyo側で提供できる衣食住、給与などの契約内容を確認した上で、彼、彼女たちを迎えることが叶いました。

現在、2039 picturesはスタートラインに立ったばかり。
これまで、家庭や金銭面の事情から、創作にその才能の全てを捧げることができずにいたため、これからが2039 picturesの始まりとなります。

その技量に未熟な面は大いにありますが、その胸と瞳に秘めた情熱と、未来を見据えた創作アイディアの豊富さから、当サイト所属ライター全員の賛成のもと、この度、Tokyoに迎える決定を致しました。

このプロジェクトは、クリエイターを一定期間、衣食住や金銭面での不安を取り除き、創作に専念させるという実験的な試みです。

生まれや境遇、人生で直面する数々の試練の結果、生まれ持った才能や、後天的に得たその才能のすべてを活かしきれずに、人生を終える人々が多いことを憂い、このようなプロジェクトを計画し、今回がそのファーストステップとなります。

この先も、継続して、クリエイターの発掘とスカウトの継続をしていくつもりです。

さて、2039 picturesの所属メンバーは、欧米、東南アジア、そしてもちろん日本と、国際色豊かな構成となっています。

彼、彼女たちの得意分野を活かし、全員が同じ世界観を共有し、エンディングを目指すことで、すべての人に、新しい物語体験を与えることができると信じております。

また、ホスト側「I an an Alien」では、このプロジェクト期間内に、必ず結果を出すことを決して強要しません。

これは、所属ライターと代表者の総意です。

あくまで、このプロジェクトは、彼、彼女たちの踏み台であり、新たなインスピレーションを得るための期間だと考えております。

毎週、数時間の日本語に親しむ時間や、健康状態維持のためのエクササイズの時間を設けることを強制する程度で、後は、彼、彼女たちのペースに任せる方針です。

年に2回、家族をTokyoに招き、その渡航費や旅行費の全てをこちらで捻出し、異国での生活での不安を最小限に留めるなど、我々としても心理面でのケアに努めていく所存であります。

2039 picturesが、そのファーストステップとして表現したいジャンルはSF。

2039年の日本を舞台に、脳力者、時間系、機械系、Next human、魔術、純粋人間、陰謀論などを織り交ぜた世界観を表現したいと話してくれました。

First Episode「Gunma 独立」を構想中とのこと。

最後に。

彼、彼女たちが創作結果と、成長の記録の発信場として、当サイト「I am an Alien」を選択してくれたことに感謝致します。

彼、彼女たちが、このプロジェクトのその先の人生で、世界を代表するクリエイターとなってくれることを、心より願います。

 

これはネタ記事。嘘です。

 

Article written by I am an Alien